化粧品でもっと綺麗になりましょう!世の中に沢山出回っているさまざまな化粧品…。どれを選んで良いか迷ってしまいます。基礎化粧品も適した商品を正しく使うことで効果が得られます。あなたに合った正しいお手入れとは?

敏感肌スキンケア徹底ガイド:エイジングケアのキーワード「肌バリア」

2019/08/04

エイジングケアが気になり始めたら、肌バリアを高めるケアを考えなければなりません。

適度な水分を保つことが難しくなって弾力の失われつつある肌には、保湿がとても重要です。

保湿を行うと肌中の水分量を一定に保てるようになり、弾力性が向上します。

 

また、皮膚の機能も回復して本来の働きを十分に発揮できるようになります。

その結果、バリア機能が高まって外部からの刺激を防ぐことができ、少しの変化でコンディションが崩れることも減る仕組みです。

年齢を重ねるとともに敏感肌になっていると感じている場合も、バリア機能の低下が原因です。

皮膚の表面が乾燥によってザラついたり肌荒れが起こりやすくなり、刺激物も容易に入ってしまいます。

 

いくら刺激を受けないように気を付けていても完全にシャットアウトすることは不可能ですので、普段の日常の中でも刺激によって荒れるようになり、一度コンディションを崩すとなかなか元に戻りません。

これまでよりも保湿を重点的に行うべきだと感じるようになるのは、ほとんどが乾燥によるトラブルからです。

乾燥すると角質層に弾力が無い状態ですので、普段なら問題にならないような刺激にも敏感に反応します。

しかし、水分量を上手くコントロールして肌バリアの機能を向上させることができれば、少しの変化にも動じなくなります。

 

特に角質層の潤いはキメを整えるのにとても重要であり、少しでも水分や潤いが足りなくなるとバリア機能が衰えてしまいますので、早めのケアが肝心です。

基本的には敏感肌であっても保湿ケアを徹底することでエイジングケアを充実させることができますので、日々のスキンケアの中で効率的な保湿方法を模索していく必要があります。

最初の一歩はクレンジングや洗顔であり、洗い流すタイプは肌への負担が少ないのでお勧めです。

しっかりと洗顔を行った後は化粧水によって肌を整えて、美容液でトラブルになっている部分にアプローチし、水分を保持したり蒸発を防ぐために乳液やクリームを用います。

どのステップでも、保湿機能に優れた商品を選ぶのが鉄則です。