化粧品でもっと綺麗になりましょう!世の中に沢山出回っているさまざまな化粧品…。どれを選んで良いか迷ってしまいます。基礎化粧品も適した商品を正しく使うことで効果が得られます。あなたに合った正しいお手入れとは?

絶対に失敗したくないスキンケア:敏感肌のためのスキンケア

2019/07/31

少しの刺激でも反応して赤くなったり、かゆくなったりすることがあったり、ぴりぴりとした刺激を感じたりしてしまう敏感肌の人は、スキンケアをするときに肌に優しいものを選ぶことがとても大切です。

時間がたてばおさまるから、魅力的な成分が含まれているからという理由で肌に刺激があるスキンケアを使い続けてしまう人は意外と多いのですが、刺激を受けることが積み重なると肌にダメージが蓄積し、将来的にはシミやシワ、くすみなどのエイジングが進んでしまうことになるため、肌に優しいものを選ぶことがとても重要です。

敏感肌の人がスキンケアコスメを選ぶときには、アルコールや香料、着色料など不要な成分が含まれていないものを選ぶことが第一歩です。

基本的なことではありますが、市販のコスメに含まれていることが多いのできちんとチェックをすることが第一歩です。

 

敏感肌の人の肌は、肌が自分自身を守る働きのバリア機能が低下していることが多いため、刺激を与える可能性がある成分を使わないことが肌へのやさしさにつながります。

バリア機能を高めて、健康的でみずみずしい肌を育てるためには、肌にもともとある成分で副作用の心配がなく、保湿効果が高いセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどを補給することができるスキンケアコスメを選ぶようにしましょう。

肌は水分を与えるだけでは、保湿効果は一時的になってしまい逆に乾燥してしまうということもあります。

乾燥しがちな敏感肌をしっとりと保湿するためには、肌の中に水をため込み長時間水分をキープすることができるように保湿成分を補給することが大切です。

 

敏感肌の人がスキンケアをするときには、水分をたっぷりと補給して健康的なみずみずしさをキープすることから始めましょう。

しっとりとした潤いがある肌になることができると、刺激にも強くなってくるのでエイジングケアなどをすることができる下地つくりをすることができるようになります。

敏感肌の人は紫外線などの刺激にも弱いので、肌に優しく刺激が少ない日焼け止めを使うことも、大切なスキンケアのひとつです。