化粧品でもっと綺麗になりましょう!世の中に沢山出回っているさまざまな化粧品…。どれを選んで良いか迷ってしまいます。基礎化粧品も適した商品を正しく使うことで効果が得られます。あなたに合った正しいお手入れとは?

絶対に失敗したくないスキンケア:年齢に合ったスキンケア

2019/07/30

スキンケアの定義は、常に一定ではありません。

それは年齢が関係してくるからであり、例えば20代と40代では全然その方法が変わってくるのです。

スキンケアに失敗しないためには、その時々の自分の年齢に合ったやり方を採用していきましょう。

 

まず10代や20代前半の間には、特別手の込んだスキンケアをする必要はありません。

しっかり睡眠やビタミンを摂り、日差しの強い日には日焼け止めを塗るなどの最低限の対策で十分です。

もちろん若い間から良い化粧水などを使うことにも意味はありますが、経済的なことを考えると継続が大変かもしれません。

よって不摂生をせず紫外線対策をする、これを筆頭に抑えておきましょう。

 

次に20代後半や30代になると、スキンケアにも手間を掛ける必要が出てきます。

特にアラサー世代はお肌の曲がり角とも呼ばれ、改めて見直しを迫られることも多いでしょう。

そこで代表的な方法となるのが、肌の保湿です。

この年代は肌の水分量が徐々に減り始め、乾燥から招くトラブルが目立つようになります。

ですからセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどが入った美容品をメインに使ってください。

 

30代から40代に入ると、シミやくすみの悩みが増えてきます。

これらは若い頃から積み重なってきた要因が招くトラブルで、人によってシミやくすみの範囲も違いがあるのが特徴です。

この場合はビタミンC誘導体やプラセンタを用い、長い時間を費やして薄くしていくことが目的となります。

或いは以前からあったシワが深くなったり、毛穴が目立つ悩みも抱えやすい世代です。そのため引き続きヒアルロン酸などを使い続け、これらのケアも同時に行うよう考えなくてはなりません。

 

以上のように、スキンケアの方法にも様々あることが判ります。

年齢とは別に、個人個人の独自の悩みもあることでしょう。

もし自分がどうケアしていけばいいのか判らない場合には、美容員に相談してみるのも有効です。

自分に合ったスキンケアを早い段階で見つけるには、客観的な意見も取り入れるようにしてください。