化粧品でもっと綺麗になりましょう!世の中に沢山出回っているさまざまな化粧品…。どれを選んで良いか迷ってしまいます。基礎化粧品も適した商品を正しく使うことで効果が得られます。あなたに合った正しいお手入れとは?

スキンケアについて解説してみた:ベタつき=潤いではありません

2019/07/27

メイクなどをしている時に肌がテカってしまい、頻繁にメイク直しを行っているという方は多く、このような場合自分は脂性肌と思い込んでいる方は多いです。

肌のベタつきの原因は皮脂が過剰に分泌されていることが影響しており、皮脂の過剰な分泌は基本的に肌が乾燥していることで起こります。

 

皮膚の潤いが不足していることで、体は皮膚を保湿するためにも通常よりも多く皮脂を分泌するように脳に指令をだすので、Tゾーンを中心に肌のベタつきが起こりやすくなってしまうのです。

皮脂分泌が多くなると、あぶらとり紙などを利用して肌のテカリをとるお手入れをする女性が大半ですが、このような場合あぶらとり紙でテカリを除去したら、不足している潤いを補うためにもミストウォーターなどを利用して肌の水分補給を行うようにしましょう。

 

ベースとなる肌の潤いが十分に足りていれば、上からメイクを直したとしても肌が乾燥しにくくなり皮脂によってメイク崩れが起こる原因を防ぐことが出来ます。

若い頃に比べて、メイク崩れが起こりやすくなったという方は、年齢を重ねて肌の乾燥が進行してしまっている可能性があるので、若い頃から同じスキンケア化粧品を利用してきたなら、一度化粧品を見直して肌に潤いを与える保湿ケアが行えるタイプに切り替えることをおすすめします。

肌のベタつきが起こりやすいのは、普段のスキンケアで十分な潤いを肌に与えることが出来ていないため、肌が常に乾燥しているサインでもあります。

 

またメイクに使用する化粧品も、美容液成分など保湿効果のある成分が配合されているリキッドファンデーションや、化粧下地を併用することによって、肌に必要な潤いを日中も常に与えてくれているので、肌が乾燥しにくく綺麗な状態で維持することが可能になります。

自分の肌質がわからないという方は、一度化粧品ブランドの販売カウンターで相談をしてみることで、無料でスキンチェッカーなどを利用し潤い状態を調べてもらうことが出来ます。

自分の肌質の状態がきちんと理解できれば、自分の肌にあったスキンケア化粧品や、メイク化粧品が購入しやすくなります。